転職体験談〜①転職エージェントとサイトに登録して電話面談してきた~

広告ルート営業マンを4年している プチさん(@puchi_zeitaku)です。
その前は2年アパレルで販売を…。つまり今回は2回目の転職。

営業マンとして経験を積んできて、商品を売れるようになってきました。
終業後の時間を使ってこのような雑記ブログやグルメブログ(うまいものブログ)も運営した結果、自社メディアの立ち上げにも参加し、WEB周りの知識もインプットアウトプットも繰り返してきました。

今回転職活動をしようと考えたきっかけは2つ。

  1. 将来の待遇・給与に不安がある
  2. 自分の市場価値を測ってみたい

ということでまずは転職サイトや転職エージェントに登録しました。

  • 20代営業マン 転職活動の体験談①
  • おすすめ転職サイトや転職エージェントを登録 してみた

転職サイト、転職エージェントってなに?どっちがおすすめなのか

ってタイトル通りに、転職サイトと転職エージェントの違いもわからずな所からスタート。

これでも2度目の転職活動なんです。

転職エージェントとは?会社と自分の代理人

転職エージェント、とはエージェント(代理人)の名の通り、

自分と企業との間に立ち、転職時のアドバイスやおすすめの会社を提案してくれる、平日忙しい会社員にはありがたいサービスです

特にありがたいのはやはりアドバイスの部分かと思います。自分では気が付かない部分を指摘してくれることもあります。

転職サイトとは?自分のタイミングで会社を探せるまとめサイト

情報量が多く、自分のペースで転職活動が出来るのが転職サイト。能動的に求人情報を探して転職活動をします。

中小企業から大企業まで様々な会社が満遍なく掲載しています。

ちなみに転職活動の際はどちらと利用することが多いそうです。

登録したサイトはミイダス、DODA、リクルートエージェント、リクナビNEXT!

ミイダス はわかりやすい操作画面と想定年収算出が嬉しい

公式サイト:https://miidas.jp

ミイダスは自身の経歴から適正年収、市場価値を算出してくれる転職サイトです。

もちろんプロフィールを企業に公開することでオファーを貰うことも可能。初めに自分の想定年収などは覇かって見てもいいのではないかと登録しました。

転職エージェントの定番 DODA(デューダ)は、職務経歴書添削などフォローが嬉しい!

公式サイト:https://doda.jp/

DODA(デューダ)はテレビCMなどもよく見るかと思います。転職エージェントとしては大手。

電話面談もさせて頂きましたが、丁寧にご対応いただいたのが印象的。職務経歴書の添削や面接対策等のアフターフォローが自信ありとお話しいただいてました。

転職エージェント最大手 リクルートエージェントは求人数も多いのでまずは登録してみた

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェント。

まずは登録してみようと試してみました。電話面接の時はあまりヒアリングされなかったで担当さんの対応件数が多いのかなと裏読みしてしまいましたが、その後のメールでのフォロー等はしっかりチームで行ってくださいます。

転職エージェントの方と電話面談してみた

ということで転職サイト、転職エージェント登録からそのままエージェントの方とは面談を予約し、早速電話面談をしてきました。

流れとしては…

サイト登録→面談日確定→職務経歴書提出(ネット上)→面談当日

って感じ。

当日20時にお電話がきた。(遅い時間まで対応してくれるのはありがたい)

相談も親身になって聞いてくれるのでありがたい。電話面談で出た話は、

  1. 経験と実績の棚卸をしよう
  2. 実績をもとに製作する職務経歴書を濃くしよう
  3. 営業経験があるのでその方面でのキャリアアップが見込める案件がもらえる

という大枠の内容を頂きました。

これから情報提供していきます。というところで終話。

どんな情報が来るのか楽しみにしつつ、今後の課題は職務経歴書のアップデートとのことだったので、
しっかりと内容を濃くすることから始めていきます。

まずは自分の棚卸しから。この作業が一番頭ひねるところですよね。

引き続き経過お伝えしていきます。

コメント

この記事を書いた人
プチさん

サイト管理者の”プチさん”です。
ちょっといい暮らしを目標に日々奮闘中。

プチさんをフォローする

お問い合わせ

お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました